時節がら怯える
ヤマモモ 昨日、急に入用な品物があって、近場のスーパーまでちょいと歩きで買い物に出た時のこと。いつも通る細い道に面した垣根を、手にした大きな鎌でさっくさっくと払っているおじさんに遭遇しました。
 毎年この時期に、ヤブカラシやら山葡萄やらを刈っている見知ったおじさんだけど、丁度作業の最中に横を通るのは初めて。軽く会釈で通り抜けました。

 右目の隅にちらっと、おじさんが鎌を持ったままこちらを向いたのが見えたような、右腕にそよっと風が当たったような気配を感じながら前に進んだところ、後ろで聞こえていた鎌の音が止まり、代わって聞こえて来たのはズンズンとこちらへ向かってくる足音。
 え゛?数歩離れた後ろから鎌を持ったおじさんがついて来てる…ってコト?
 このところの散歩で元陸上部の脚力は戻りつつあるけれど、相手が行動を起こしもしないのに走って逃げるのも変だし。後も見ずに思いっきり速歩で引き離しました。

 結局、おじさんはこちらと同じ方向にたまたま自分の都合があっただけって事らしく、しばらく進んだ所でまた足を止めたようですけど、最近世間で起きている事件を考えると、わが身にだけ何も起こらないなんて考え難い。
 ちょっと本気モードで冷や汗モノでした。あ~ドキドキした^-^; 人を見たら暴漢と思え、か。まったくヤな世の中になったもんだね~。
| http://airymint.com/blop/e421.html |
| ワタクシゴト::日々のあれこれ | 11:36 PM | comments (0) | trackback (0) |
 

PAGE TOP ↑
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■LINK■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■COMMENTS■
■RE TRACKBACK■
■MAUKIE■
     
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
■OTHER■