サキイカの恨み
ハルジオン 晩酌のつまみ、とサキイカの袋を開け、あ、お皿忘れた、と取りに行って戻ると、テーブルの上に飛び乗った豆猫が袋に頭を突っ込んで、ガブリと大きく一口咥えてまさに今持ち逃げする瞬間。
 逃げようとするのを慌てて押さえて取り上げ、咄嗟の勢いで自分の口の中にポイと放り込んじゃいました。イカを食べると腰が抜けるんだってよ!

 と言ってもバックリと頬張った今日のそれほど量が多くなければ、例えばスルメやサキイカの1cmくらいの欠片なら、懇願に負けて与えてしまいます。幸いなことに今まで家に居候した猫たちのうち、1匹として件のアレルギーってのになった猫は居ないのですが、猫の体質や食べる部位、生か干しかの条件のどれかで、現実に足が麻痺したりする場合もあるそうなので、さー食えやれ食えなんて積極的にはススめませんが。

 豆猫は、一旦捕まえた獲物を横取りされたのが余程悔しかったのか、暫くご機嫌斜めでした。今度何かで埋め合わせするからね。
| http://airymint.com/blop/e2608.html |
| 自然::生き物たち | 10:03 PM | comments (0) | trackback (0) |
 

PAGE TOP ↑
■CALENDAR■
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2017年03月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■LINK■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■COMMENTS■
■RE TRACKBACK■
■MAUKIE■
     
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
■OTHER■