触れ合いは少し先
ジュズダマ 検査や診察は早いに越したことはない、と、今日の午後に獣医の予定を入れ、さて午後の診療時間は?とホームページを開いたら、ありゃりゃ、間の悪いことにこの4月から日・月・祭日が休診日になったとのことなので、急遽明日に予定変更となりました。
 昨晩はケージの中で一晩中鳴かれて、ガッツり寝不足。いくら猫好きでもこれは切ないわぁ。

 考えてみれば、子猫の時からヒトと暮らしている先住さんたちは兎も角、従来猫は夜行性。外で暫く暮らした三毛母さんにしてみたら、夜起きているのは当たり前の事じゃないっすか?ってな感覚なのでしょう。生活パターン、いつかは変わるだろうか。

 周囲の猫の尽くから虐められているのを見兼ねてこの子を保護しようと考えた時に、既に産んでしまった子猫はどうしよう?が一番のネックでした。ところが最近は様子を見ていると、恐怖のあまりか自分の産んだ子猫たちにもふぅ〜しゃぁ〜と警戒心を募らせているみたい。流石ケモノ、これなら別れを悲しむ事は無さそう、と決心したのです。

 尤も診察や検査の結果とか、先住さんたちとの折り合いが付くか、とか、まだまだ問題は山積ですが、良い結果になってくれる事を願っています。
| http://airymint.com/blop/e2379.html |
| 自然::生き物たち | 05:31 PM | comments (0) | trackback (0) |
 

PAGE TOP ↑
■CALENDAR■
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2020年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■LINK■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■COMMENTS■
■RE TRACKBACK■
■MAUKIE■
     
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
■OTHER■