郭公
山芋の葉山の芋のつるが今年も元気に伸びてきた。
庭の隅っこからうにうに空目掛けて進んで、
ベランダのラティスに絡みつき、
夏は程よい日陰を、秋にはムカゴの収穫を、と
サービス精神旺盛な可愛いヤツ。
数年前から毎年、複数本顔を出す所をみると、
地下の自然薯さんは、そろそろほど良く育ってるのかな?

一度目印を付けて本体の掘り出しにチャレンジしたいけれど、
労多くして功少なし、になりそうな予感。
黙って秋のムカゴのみ楽しませて貰う方が利口かも。

近くの神社で郭公が盛んに大きな声を立てている。
そう言えば、山芋と郭公って何か関連があったような、
と調べたところ、ホトトギスだった。記憶違い。。。
この辺りの郭公のターゲットはオナガだろうか。
めっきりオナガが減って、ギーギーと騒がしい声を聞く機会も減ったような。
あの託卵と生まれた雛が他の卵を巣から放り出す様子は憎らしく、
郭公は好きになれない鳥だけど、鳴き声だけ聞く分には初夏らしくて良いねえ。
| http://airymint.com/bplus/e86.html |
| ワタクシゴト::自然 | 05:38 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑
 
■CALENDAR■
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>
■CATEGORIES■
■LINK■
■COMMENTS■
■RE TRACKBACK■
■NEW ENTRIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
■OTHER■